崖上の散策と遊覧船がおすすめ!堂ヶ島公園 / 西伊豆町

堂ヶ島公園

西伊豆一番の観光スポット「伊豆の松島、堂ヶ島!」

” 伊豆の松島 ” とはホメ言葉なのだろうか。松島以上の存在になれないのが不憫。(しかし、あちらは日本三景。比べちゃいけない?)松島には訪れたことがないので比較できませんが、堂ヶ島が素晴らしい景勝地であることは保証致しましょう!

この辺りはリアス式海岸のため、海岸線が複雑に入り組んでいます。眺める場所によって、海に浮かぶ島々の様子が変わるのが面白い。堂ヶ島公園には遊歩道が整備されているので、この道をお散歩しながら楽しんでみて下さい。

スポンサーリンク

駐車場

堂ヶ島公園の道を挟んだ向かいにある「加山雄三ミュージアム」の駐車場を利用できます。伊豆随一と言われるお土産売り場もあるので、お買い物やトイレ休憩にも重宝しますよ。

暑い時期は、この駐車場に隣接しているかき氷屋が気になってしょうがない。ごく普通のものですが、汗だくの時に食べるとウマイ!

かき氷
西伊豆・堂ヶ島の観光なら「加山雄三ミュージアム」へ。特産品等を販売する伊豆最大級のショッピングモール(お土産売場)、堂ヶ島の海を眺めながら食事を楽しめるシーサイドレストランも併設。ドライブインとしても御利用もお待ちしております。

遊覧船と天然記念物「天窓洞」

遊覧船乗り場

遊覧船乗り場

駐車場に車を止め、道路を渡って最初に目に入ってくるのは遊覧船乗り場。堂ヶ島の景観を楽しむクルーズ船がここから出港しています。4種類のコースがありますが、一番所要時間が短い「天然記念物 洞くつめぐり」で料金は大人 1,200円、子供 600円なり。

一番の見どころ、天然記念物の天窓洞(てんそうどう)

堂ヶ島の岸壁は、波によって浸食された海食崖(かいしょくがい)が続いているのですが、その崖には更に脆い部分が削られて形成された洞窟、海蝕洞(かいしょくどう)が見られます。その長さは147m。この中をお手軽に探検できるのが遊覧船であります。

2009年5月

崖に造られた海触洞

洞窟内には天井が抜けて光が差し込んでいる部分があります。これが堂ヶ島の一番の見どころ「天窓洞」。国の天然記念物に指定されています。

天窓洞(洞窟内より)

天窓洞

まさに天窓!波が青くキラキラ光る様子が美しい。イタリアで有名な「青の洞窟」に似ていると、なかなかの評判。洞窟の中は結構狭く、崖にぶつかるのではないかとハラハラしたり、アトラクション的要素もあるので一度は乗ってみて。

西伊豆・堂ヶ島の洞くつめぐり、伊豆遊覧船なら堂ヶ島マリンの「洞くつめぐり遊覧船」。 天然記念物の島々へクルージング観光をお楽しみください。

遊歩道をお散歩しよう

この記事に掲載している写真には、販売中または販売予定のものが含まれています。二次利用はお控え下さい。

2009年5月 & 2016年9月

遊覧船乗り場から海沿いに右へ歩いて行くと遊歩道が現れます。

堂ヶ島公園 遊歩道

この道を遊覧船乗り場を眺めながら進んで行くと…

左手に遊覧船乗り場

軽石や白い火山灰層でつくられた崖の上にでます。ここが第1のシーニックポイント。

シーニックポイント その1

階段を下って崖の上を探索してみて下さい。わんぱくな男の子なら絶対に好きな場所!しかし、柵のない崖ですから十分気を付けて。

崖上の探索 その1 崖上の探索 その2

この特徴的な白い崖は、太古の海底火山の姿なのだとか。

堂ヶ島周辺の白く美しい海岸線は、伊豆が南の海の海底火山だった頃のなごりです。伊豆と本州の衝突にともなって隆起し、その後の浸食によって姿を現したこの景色は、美しいだけでなく、太古の海底火山の姿を今に伝える貴重な場所でもあります。

伊豆半島ジオパーク

詳しくは下記サイトをご参照下さい。

堂ヶ島海岸の崖には、海底火山の噴火にともなう水底(すいてい)土石流と、その上に降り積もった軽石・火山灰層が見られます。美しく折り重なる白い火山灰層は堂ヶ島の特徴的な景観を作り出しています。また、海岸の崖には、波がうがった洞窟(海食洞)である「天窓洞(てんそうどう)」(国指定天然記念物)があり、遊歩道や遊覧船から楽しむこ

地層が綺麗ですね。

美しい地層

崖上の探索が終わったら遊歩道へ。階段が山の中へ続いています。

山の中へ

階段を登り切ったところに第2のシーニックポイントが。

シーニックポイント その2

しかし、木々に囲まれ全然シーニックじゃない。階段に疲れた人がベンチで一休みするスペースと化しております。

ここでは長居せず、引き続き道を辿りました。今度は階段を下ります。

遊歩道の階段を下る

少し開けた場所に出ました。ここが第3のシーニックポイント。奥に見えるのは、三四郎島(象島(伝兵衛島)、中ノ島、高島の3つの島の総称)の象島。ここではトンボロ現象を見ることができます。しかし、実際にトンボロ現象が起こっているなら、こんな離れたところで見ているのは勿体ない。近くの海岸まで行ってみて。

三四郎島(象島)

トンボロ現象とは

干潮時、潮が引くことによって三四郎島までの道が現れる現象。上の写真では道がありませんが、トンボロ現象が起こるとこんなんになっちゃいます。

2010年5月

トンボロ現象

注:堂ヶ島公園から撮ったものではありません

これは堂ヶ島公園とは別の場所(ココです)で撮った写真です。正面にあるのが象島。かなりしっかりとした道になる。海藻も露わに。この場所から島に歩いて渡ることができるんですよね。

この現象が起こる時期&時間帯は下記ページでチェック!大雑把に言うと、満月と新月の前後2~3日間は見られることが多いです。

西伊豆・堂ヶ島の洞くつめぐり、伊豆遊覧船なら堂ヶ島マリンの「洞くつめぐり遊覧船」。オンラインにて割引チケット販売中!!天然記念物の島々へクルージング観光をお楽しみください。

脱線してスミマセン。話を元に戻しましょう。

このシーニックポイントから更に階段を下っていくと東屋が現れます。その東屋の目の前には、ぽっかりと大きな穴が。草が茂っていてよく見えません。池かな?

東屋の前の穴

ぐるりと反対側まで廻ってみると、洞窟の内部が見えています。池じゃなくて海の模様。

天窓洞

ここは天窓洞を地上から覗ける場所。洞窟内からはボートのエンジン音が聞こえてきます。しばらく待っていると…

天窓洞と遊覧船

遊覧船が来ました!ボートの皆さんが手を振ってくれるのでこちらも振り返します。何だか楽しそう。うらやましいぞ!

遊歩道は、この先2つのルートに分かれ、まっすぐ進むと遊覧船乗り場前の広場に、右に曲がると遊歩道を歩き始めた場所に戻ります。

この遊歩道は、正味10分程度のルートなので是非歩いてみてくださいね。また、遊覧船に乗る予定の方は、先に遊歩道から天窓洞を見ておくと、どんな場所を通っているのか分かるのでより楽しめるでしょう。

2009年5月

最後にオマケ。天窓洞付近の木に鳥の雛が顔を出していました。超可愛かった!

鳥の雛

周辺の宿を探す

近くのオススメ観光スポット

西伊豆一の絶景を拝め!烏帽子山 & 雲見浅間神社 / 松崎町
富士山を褒めてはいけない!?長くてツライ急階段の先にある絶景ポイント! 西伊豆、松崎町雲見にある烏帽子山。標高は162m。雲見海岸(東側)から眺めるとこんな感じ。ポッコリとして可愛らしい。 ...

スポンサーリンク

施設情報

堂ヶ島公園 / どうがしまこうえん

静岡県賀茂郡西伊豆町仁科MAP

西伊豆町観光協会伊豆半島ジオパーク

駐車場 / 売店 / 食事・軽食 / トイレ

※ 施設に関する詳細は上記サイトでご確認下さい。

記事データ : 2016年9月初旬

クチコミ

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

平均:  
 1 レビュー
by 管理人

西伊豆に行くならここに来なきゃ始まらない。今日は堂ヶ島だ!という気分じゃなくても、何となく寄ってしまう。そんな場所です。