伊豆の最南端、石廊崎の崖っぷちに佇む石室神社と熊野神社を巡る / 南伊豆町

石廊崎

社殿が岩にすっぽりと嵌っている!?崖っぷちに建つ石室神社がスゴイ・・・!

石廊崎(いろうざき)は伊豆の最南端。景色が大変素晴らしいのですが、それだけじゃありません。特に石室神社(いろうじんじゃ)は「こんなところに神社がっ!?」と誰しもが驚くような場所にあります。知っていてもビックリします。もう何度も来ているのに。

石廊崎の絶景を堪能しながら、石廊崎灯台と二つの神社を巡るルートを辿ってみましょう。

スポンサーリンク

駐車場

2017年2月現在、利用できるのは伊豆クルーズの石廊崎岬めぐり遊覧船乗り場にある駐車場のみ。場所はこちら。料金は500円なり。トイレあり。

石廊崎 遊覧船乗り場の駐車場

石廊崎 遊覧船乗り場の駐車場

この駐車場の手前にも駐車スペース(無料?)があるのですが、そちらは目の前にある売店用の専用駐車場かもしれません。よく分からないので、我が家はいつも有料の方に止めています。

2003年以前は、ジャングルパークの駐車場を無料で利用できたのですが、閉園してしまったんですよね。これがちょっと痛手。アクセスが悪くなってしまいました。と言うのも・・・

階段 & 坂道のアクセスルート

2017年2月

駐車場から伸びる階段

駐車場から伸びる階段: 往復30~40分程度のルート

駐車場からいきなり階段。階段を登り切っても、坂道が続く・・・。運動不足の人にはツライよ!

坂道

写真で見ると大したことないんですけどねぇ。

アクセスルートからの景色

ただ、坂道を登りながら見られる景色は美しい。疲れたら景色を堪能しているふりをしながら休むべし。

しばらく坂道を登って行くと、元ジャングルパークから続いている道と合流します。(現在は、そちら側には行けません。)下の案内板が目印。ここまで来れば、つらい坂道も終了!

案内板

案内板: 石廊崎灯台、石室神社は左へ

奥に見える温室のような建物はジャングルパークの跡。2003年から放置されっぱなし。来るたびに荒れ方がひどくなってます。

それにしても・・・

工事中の道路

工事中の道

売店跡

工事は売店跡まで続く

道路が工事中で景観が悪すぎですね。

いや、こんな場所を工事しているということは、もしかして再開発があるとか?

後で調べたらビンゴ!これは朗報。ジャングルパークの跡地に、自然公園施設「石廊崎オーシャンパーク」が作られるそうです。平成30年のオープンを目指しているらしい。道路工事はこの開発の一環でしょう。現状では石廊崎までのアクセスが悪すぎるので、おそらく改善されるでしょう。

石廊崎オーシャンパークがオープンしたらそこそこ混むだろうから、空いている石廊崎を堪能したいのなら今のうちですよ!

さて、売店跡の前を通って1~2分ほど歩くと石室神社の鳥居が見えてきます。

石室神社の鳥居

石室神社の鳥居

この鳥居のすぐ横にわりと綺麗なトイレを発見。駐車場で少し離れた場所にあるトイレに寄ってきましたが、ここにあるならわざわざ行かなくても良かったな。

鳥居の横のトイレ

鳥居の横のトイレ

鳥居をくぐった先には、ちょっとした木のトンネルが現れ、この辺りから景色がガラっと変わってきますよ。期待して良し!

木のトンネル

木のトンネルをくぐると・・・

石廊崎灯台

この記事に掲載している写真には、販売中または販売予定のものが含まれています。二次利用はお控え下さい。

石廊崎灯台

景色が開けて石廊崎灯台が現れました。

石廊崎灯台 その2

石廊崎灯台

あれ。石廊崎灯台さんて、何だかすんぐりむっくり。ていうか、背低すぎない?(笑)

いやしかし、笑ってはいけない。日本の灯台50選の一つですから!それに、そんなこと吹っ飛ぶような景色がこの先に続いています。

灯台の先の絶景

海に向かって歩くのが気持ちが良い。そして、この辺りから大自然の洗礼を受けているかのような強い海風に晒されるのが、これまた良い。

この階段の先に

道は急に左に曲がっています。そして、この階段の先にあるのが・・・

スポンサーリンク

石室神社(いろうじんじゃ)

石室神社

石室神社

石室神社です。屋根が岩にめり込んでいます。いや、めり込んではいない??実際によく見てもイマイチ分かりませんでした。一体どうなっているのか!?ちょっと拡大してみましょう。

石室神社 その2

うーん。分からん。

石室神社 その3

別の角度から見た図

ちょうど岩場にすっぽりと嵌っている感じでしょうか。どちらにしてもスゴイ造り。ここはジオサイトでもあるようです。海底火山の浸食地形を利用して建てられているのだそう。詳細は下記サイトをご覧下さい。

『海底火山の浸食地形とそれを利用した神社』 石廊崎に一面にひろがるごつごつした岩は、海底に噴出した溶岩流です。 溶岩が水中に噴出すると、水によって急激に冷やされ、ばりばりに砕けた岩片の集合になります。 熱いお湯を入れておいたコップを、冷水に入れると割れてしまう現象に似ています。

石室神社の御祭神は伊波例命(いわれのみこと)と物忌奈命(ものいみなのみこと)。前者が海上安全の神様、後者が学問・産業の神様です。お守りやお札がも販売されており、御朱印も頂けるので御朱印帳をお持ちの方は忘れずに。

神社の由来や歴史は諸説あるようですが、石室神社社務所発行のしおりには下記のように記載されています。

創立は定かではないが五世紀頃に物忌奈命(ものいみなのみこと)を祀る神社として、秦氏により建立されたと伝えられている。その後、役行者(えんのぎょうじゃ)が十一面観音を合祀し、大宝元年(七〇一年)現在の場所に神仏合祀の石室神社を建立した。

石室神社社務所

現在の社殿は明治34年(1901年)に建て替えられたもの。この社殿の基礎(土台)として船の帆柱が使われており、一部ガラス張りになっている床から帆柱を覗き見ることができます。長さは、本殿下は5m、拝殿下が11m。材質は檜。

石室神社 その4

少し分かりづらいですが、社殿の基礎が少し見える

少し離れた場所から見ると、外からも帆柱を見ることができます。しかし、改めてホントにすごい場所。

この帆柱の存在は伊豆の七不思議の一つ。江戸時代から伝わる伝説では、この帆柱は播州の千石船のものなのだとか。詳しい話は、社務所発行のしおりやwikiに載っているので興味のある方は読んでみて下さい。

この神社の先には、岩場が更に海に向かって伸びています。そちらにも寄ってみましょう。

海に伸びる岩場

ここは特に風が強いので、モノを飛ばされないように気を付けて。天候が若干荒れていて、もともと強風の日だったりすると更に大変。この場所には、まるで台風のような風が吹き付けてきます。身体ごと飛ばされそうになるのでムリして歩かないように。

熊野神社

岩場の向こう側には、意外にも小さな小さな神社があります。これが熊野神社。

熊野神社

熊野神社

熊野神社は石室神社の境内社であり、縁結びの神様、須佐之男命(すさのおのみこと)が祀られています。こちらの神社も岩にめり込んでいるように見える。この強風ではそのくらいでないと社殿ごと飛ばされそうなので、この建て方は正解なのでしょうね。

最後に、熊野神社から見た景色を一枚。

熊野神社から見た景色

開放感いっぱいで心が洗われます。ここは、大好きな場所なのでしばらくしたらまた訪れるでしょう。なぜか石廊崎は午後や夕方訪れることが多いので、次回は早朝に行ってみたい。

周辺の宿を探す

近くのオススメ観光スポット

子供連れファミリー歓迎。穏やかな波打ち際に癒されよう!弓ヶ浜海水浴場 / 南伊豆町
とても広い白砂の美しいビーチ。その海岸線は名前の通りに弓なりに、1kmにも渡って弧を描いています。広すぎて、のっぺりしてるよ! 青い空に白い砂浜が広がり、紺碧の海の水平線には古来より...

スポンサーリンク

施設情報

石廊崎 / いろうざき

静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎MAP

駐車場 / トイレ

※ 施設に関する詳細は上記サイトでご確認下さい。

必需品&あると便利なもの: 夏季は蚊除け&ムヒ

記事データ : 2017年2月中旬

クチコミ

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

平均:  
 2 レビュー
by 三毛猫メェ

今日、行ってきました。
とても素晴らしい場所❗
オススメです。
御朱印張忘れずに❗

by 管理人

何度行っても飽きない。とても素敵な場所です。