やわらかい春色に包まれる河津桜まつり / 河津町

河津桜まつり

河津桜で春色に染まった河津川は見事の一言!

「河津桜まつり」は毎年2月上旬から3月上旬に行われており、この時期に伊豆を訪れるのなら見ておきたいイベントの一つ。

期間中毎日約150軒の出店が並びます。地場産品や露店ならではの食べ物が並び、花見と一緒に買物が楽しめます。

河津町観光協会(河津桜まつり)

河津川沿いには、800本の河津桜が3~4kmに渡って植えられており、見応え十分。早咲きのオオシマザクラと濃いピンク色のカンヒザクラの自然交配によりできたと言われている河津桜は、両者の特徴を受け継いで、早咲きでそこそこ濃いピンク色。ソメイヨシノとは、また違った美しさを見せてくれます。

河津桜のアップ

河津桜

まつりの期間は1ヶ月もありますが、河津桜の見頃はその年その年によってかなりバラつきがあります。花の咲く期間はソメイヨシノよりは長いので、その辺はシビアではないものの、開花がまつりの期間から全く外れてしまうことも。ツアーや宿を予約する場合は、なるべく直前まで予約を我慢していた方が良いかも。しかし、満室・満席の可能性も出てきてしまうので、その兼ね合いが難しい。

開花情報をチェックする際は、下記のサイトが詳しくてオススメです。

河津桜とは静岡県賀茂郡河津町にて毎年2月上旬から咲き始め3月上旬までの約1ヶ月に 渡り咲く早咲きの桜です。ここ河津町では昭和50年4月に河津町の木として認定されており毎年2月上旬より約1ヶ月間”河津桜まつり”を開催 多くのお花見客で賑わいます。

駐車場

河津桜まつり公式サイトお花見マップに詳しく掲載されています。メイン会場となる笹原地区(河津桜観光交流館周辺)には結構な数の駐車場が点在していますね。

今回実際に利用したのは、笹原地区よりも上流にある下峰地区の駐車場。豊泉橋のすぐ傍にあります。メイン会場と若干離れているので空いている模様。平日とはいえ、一番の見頃の時期にも拘らず、車の出入りは少なく感じました。

豊泉橋

豊泉橋(ほうせんばし)

下峰区の駐車場

豊泉橋の手前にある駐車場。(→MAP)隣にある源泉かけ流しの湯宿「河津・花小町」が目印。

踊り子温泉会館周辺の様子

この記事に掲載している写真には、販売中または販売予定のものが含まれています。二次利用はお控え下さい。

2017年2月16日(水)

お祭り気分を楽しむなら、売店が並ぶメイン会場(笹原地区)に行くべきですが、花や景色を純粋に楽しみたいのなら、この駐車場から橋を渡らずに上流に向かって歩くのがオススメ。特に、踊り子温泉会館の辺りが良い感じ。

駐車場から少し歩くと、天然温泉「豊泉の足湯処」があります。営業時間は 9:00~17:00。歩き疲れたらどうぞ。

豊泉の足湯処

豊泉の足湯処

足湯の少し先にはトイレあり。屋外の公共トイレのわりに、なかなか綺麗。

さらに歩いていくと、道にピンク色の桜のトンネルができてる!

桜のトンネル

ここは丁度、踊り子温泉会館の裏手辺り。このエリアは道の両脇に桜が並んでいるため、花の密度が濃いのです。この中を歩くのがとても気持ちが良い!この満足感はなんだろう。とてもハッピーな気分になれます。

花はまさに見頃。緑色の葉もまだ出ていません。本当にベストなタイミング!

メジロの群れもやってきて、木の上はチュンチュン賑やか。メジロたちが楽しそうに花の蜜を吸ってる姿には、思わず顔がほころんでしまいました。

花の蜜を吸うメジロ

トンネルを抜けると、かわづいでゆ橋が現れます。橋から眺める桜並木は風流。日本的田舎の風景ですね。

かわづいでゆ橋からの眺め

かわづいでゆ橋からの眺め

川の対岸へ

橋を渡り切って川の対岸へ。メイン会場のある下流へ向かってUターンしました。時々、川のほとりに降りたりして寄り道しながら。

青空に映えるピンク色

青空にピンク色が映え、花の勢いが感じられます。

菜の花が若干ビミョー

しかし、桜に彩りを添えるはずの菜の花がビミョー。あまり綺麗じゃありません。桜と菜の花を一緒に撮りたかったのですが・・・。上の写真は、何とかそれらしく撮ってみた一枚。

ふと気付くと、人がかなり増えてきました。メイン会場が近くなればなる程、混雑して「まつり」っぽい雰囲気に。 売店などもちょこちょこあります。自分は、桜だけ楽しめればいいや。とは思っていましたが、やっぱりこれはこれで楽しい。

売店

さて、豊泉橋まで戻ってきました。この先は更に混雑している模様・・・!

豊泉橋の向こう側

橋の向こうは混雑気味

一緒に来たメンバーの意見が「メイン会場までは行かなくてもいいや。」と全員一致したので、ここでお花見は終了。橋を渡って駐車場へ戻りました。

以上、豊泉橋から かわづいでゆ橋をぐるっと巡るルートでした。如何でしょうか?

グーグルマップで測ってみたところ、距離はたったの1.5km。所要時間は18分。(←実際は、1時間半以上かけて巡りました。)もっとウォーキングしたい方は、かわづいでゆ橋でUターンせずに、更に上流へと歩き続けることもできます。

なお、このルートで一点気になったことが。

綺麗な菜の花が最後まで見られませんでした。後で、現地で頂いたお花見マップをよく見たところ、菜の花は笹原のメイン会場の辺りと、河口にほど近い館橋と浜橋の間のエリアに咲いている模様。どちらのお花も楽しみたい方は、この二つのエリアを中心に歩いた方が良さそうです。

ライトアップ

下記の時間帯はライトアップされます。河津周辺に宿泊される方は、夜桜も楽しんでみてください!

  • 豊泉橋から踊り子温泉会館までのエリア 18:00~21:30

  • 館橋より下流のエリア 18:00~21:00

  • 名木 18:00~21:00

周辺の宿を探す

近くのオススメ観光スポット

黄色×黄色の世界。日野の菜の花畑 / 南伊豆町
ワンコと一緒に駈け回りたくなるお花畑!(犬、飼ってないけどね。) 道を走っていたら、一面の黄色のお花畑が見えたので「これは行かねば!」と寄ってみることに。以前も来たことがある場所でした。 ...

スポンサーリンク

イベント情報

河津桜まつり / かわづざくらまつり

静岡県賀茂郡河津町 MAP

河津桜まつり 公式サイト

メイン会場周辺にかなりの数の駐車場あり(700円/1日)/ トイレ / 売店 / 足湯

※ 施設に関する詳細は上記サイトでご確認下さい。

記事データ : 2017年2月中旬

クチコミ

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

平均:  
 1 レビュー
by 管理人

満開の河津桜を眺めていると前向きな気持ちになれる。できれば毎年見たいです。